HOME>オススメ情報>症状を遅らせるための治療を続けていくことの重要性

メモを取る習慣をつける

カウンセリング

買い物に出かけても何を買おうと考えていたのか忘れてしまい、物忘れが悪化していると感じた時には、まずは医師に相談しておく事をおすすめします。テレビや雑誌などで紹介されている認知症対策を続ければ、そのうち物忘れも改善されるはずだと考えていると、症状が悪化している事にも気付けません。特に重要なのはメモを取っておく事で、買い物に出かける前に購入する品物を書き残しておき、メモを読み直さなくても記憶できているか毎日のように確かめる事が重要です。メモを読み直さなければ何も頭の中に浮かばない状態が続いている人は、すでに認知症の症状が悪化している可能性もあるので、まずは詳しい検査を行う事を推奨します。

短時間に検査で分かる事もある

男女

仕事が忙しいので病院で認知症の検査を受けたくても、時間的な余裕がなくて困っている方々は、よく考えてクリニックを選んでください。物忘れの治療を長年続けてきた実績のあるクリニックなら検査にかかる時間も短いために、多忙な日々を過ごしている人でも気軽に利用できます。認知症の原因になると言われている物質が血液中にどれだけ溜まっているのか確かめる検査を受けて、認知症が進行しているか確認する事から対処を始めてください。

在宅治療も続けられる

医者

認知症の症状が悪化するにつれて外出するのも困難になり、物忘れの治療を続けられるか心配になった時には在宅治療を始めてください。クリニックの医師やスタッフが自宅まで出張して、現在の状態を確かめてくれる在宅治療サービスが便利だと話題になっています。自宅から一歩も出なくても治療を続けられるので、患者本人だけでなく家族の負担を減らす事も可能です。家族を連れて自動車で病院まで移動するのが辛いと感じている家庭にとって、理想的なサービスだと言われています。